fc2ブログ

採用カードについて

カード採用理由について記載していきます。

・0マナ必死の祈り
→ナールの賜物ではない理由:ザイレラとコンボで使う場合、1マナが意外と重い。3点allしか出せなくて除去しきれない対面がそこそこある。超大型とか。
必死の祈り

・敬虐なダンジョニア
この枠はサソリ、囚われの女魔術師がメジャーだと思う。だけど、
①デッキ圧縮した方が後々クエストの進みが良い
②ネザードレイクの効果発動率を高められる
③糾弾やナールの欠片を0マナで打てるのは強い
以上3点の理由から選択しました。
敬虔なダンジョニア


・不死のアミュレット
強いのにあまり入れているリストを見ない。
序盤はライトモーのネザードレイク効果起動用に手札に残し、用が済んだら交換して手札を入れ替える。1体復活でも相当強い。アグロには光の雨のエレメンタルを復活させて耐える使い方ができるし、最も無防備になるミュターヌス着地時に10ターン目以降なら同時に使えるのが偉い。
また、最近流行りのミュターヌス連続使用シャーマンに対しては、このカードがないと絶対に勝てないので採用しました。ミダを並べれば勝てます。
不死のアミュレット

・貪蝕の疫病
あんまり気に入っていない・・・。けど、影の中にて栄えんからサーチできる3マナの呪文を何か採用したかった。相対的に一番マシなのがこれだったという感じ。
影呪文なのでネザードレイクの起動要員にもなれるのがプラス。
貪蝕の疫病


・テイラン・フォードリング
魂の案内者2枚がすっきりしているように思えるけど、敬謙なるザイレラが手札溢れてしまう関係で使いにくいことが多々あったので、1枚削った枠に入れました。ミュターヌスかブラックウォーターの大怪魚を引くことができ、クエスト進行がスムーズになるので強いです。
リストでよく見かける連爆の魔術師も試してみましたが、ヒロパで1点出せないヒーローにとってあまり使い勝手が良いと思えなかったので不採用です。
テイラン・フォードリング

・純粋なる光ミダ
基本的には対コントロール用。ミュターヌスで聖女ザイレラが食べられてGGを防げますし、影の中にて栄えん、敬虔なダンジョニア、魂の案内人、敬謙なるザイレラなど呪文サーチと非常に相性がよく、強いと思います。挑発持ってないので着地タイミングが本当に難しい。
純粋なる光ミダ

関連記事
スポンサーサイト



Q.P.クエストプリーストは弱いのか?

みなさんお久しぶりです。

本日は私が2021年12月から現在まで使い続けている「クエストプリースト」は強いのか?弱いのか?について考察してみたいと思います。

まず2ヶ月使った体感からお話しすると、「弱い」と思っています。
なぜそう思うのかというと、明確に勝てない対戦相手がいるからです。
■ミュターヌスおみくじで大吉が出ない限り確実に負けるマッチ:フクロウウォロ、モザキメイジ、変容シャーマン
■勝てることもある:ヒロパメイジ
こちらもいわゆるOTKデッキなのですが、それより速い速度でOTKしてくるデッキには確実に勝てません。特にモザキはミュターヌスが間に合わないターンでもOTK決めてくるので、本当に無理です。
プリーストのクエストは当時Blizzardが出したこれくらいのターン数ならOTK決めてもいいよという公式見解として捉えているのですが、すぐにインフレが進んだということでしょうか。この話はまた別の記事でします。


話が脱線しかけましたが、では果たして本当に弱いのか確認していきたいと思います。
以下の画像は「HSreplay」から持ってきたラダー使用率top10とそれぞれの勝率を示した画像です。

g

お分かりいただけただろうか。
これは聖典パラディンを除く全てのデッキがクエストプリーストに勝ち越していることを表しています。
ここに公表されている使用率と勝率から期待値を計算してみると・・・(クエストウォリアーからモザキOTKメイジまでを含み、残りは勝率50%と仮定した。)

44.7% !!!!


この数字を高いとみるか低いとみるかは個人によるかもしれないだろうが、ガバ計算とはいえ期待値50%を下回るこのデッキは弱いということで決着をつけていいのではないだろうか。

ただ、聖典パラディンとここでは弱いことになっている泥棒ローグには異様に強いので、レジェンド上位で当たるデッキが固定化されてきた場合はメタとしてありかもしれない。

ありがとうございました。
関連記事

tom60229のハイランダーローグについてのマリガンの話

hairannda-rog1
hairannda-ro^gu2

お久しぶりです。先日tom60229のハイランダーローグでレジェンドヒットしましたが私と同じようになにがなんでもハイランダーローグでレジェンドヒットしてやるんだという変態の為にマリガンを記します。参考にしていただければ幸いです。

ラダーにはデーモンハンターしかいないのでデーモンハンターへの勝ち方についてのみ書きます。
狙うのは古代より伝わりしクソデカエドウィン君召喚です。いつの時代もこれ。
先手の場合はちょっと遅いと思うのでキープしません。
理想手札:1マナミニオン、影隠れ、エドウィン
1ターン目1マナミニオン、2ターン目影隠れでミニオン回収して即プレイ、コイン、エドウィンで後は顔面殴り続けます。

また、エドウィンが引けなかった場合は影宝石商ハナーと秘策をキープするよう頑張ります。
理想ムーブは1ターン目コイン、2ターン目から秘策でめちゃくちゃ。
先手でも、2ターン目ポン起きで意外と生きてターン帰ってきます。


意識したいのは、「効果起動にこだわらないこと」!
ローグのヒロパは割と強めですが、やっぱり基本的にはやることない時に使うもんだとの認識を持つことです。特にハイランダーローグはテンポスイングできるカードが「特定条件下の」「フリックスカイシヴ」「クロンクス・ドラゴンフーフ」しかいないので、やりがちな2ターン目ヒロパで相手の1/1トークンを除去してエンドを行うと必ずどこかで除去が間に合わず圧倒されます。
なので、対デーモンハンター戦においては特に、「1マナの脳天直撃ガール」は秘策と合わせて使いたい気持ちをぐっとこらえて1ターン目にバニラミニオンとして置きますし、「2マナのハナー」も4ターン目に秘策と合わせて使いたい気持ちをぐっとこえて2ターン目に素置きします。SI7もそうです。
効果発動できた方が、確かにいいんですけどそれよりも大事なのはテンポです。

ゼフリスの使い方も重要です。リロイが消えた今、ゼフリスはバーストに使いたい、その気持ちは分かりますが、テンポが取れない手札であれば2ターン目に置くことも視野に入れます。プロプレイヤーの配信を見てるとわかりますが、結構雑に切ってます。

以上です。
まとめると、
「古のクソデカエドウィンブッパを決めろ!」
「コンボや雄叫びに固執するな!一番大事なのは盤面の優位性を保ち続けること!」


関連記事

ナーフ予想

お久ぶりです。「灰に舞う降魔の狩人」楽しんでいますでしょうか。
新ヒーローのイリダン君、強すぎてHS最速ナーフを食らいましたが、それでもまだ強い・・・

恐らく、次のナーフも遠い未来ではないでしょう。
という訳で、ナーフ予想をやってみます。

・エントリーナンバー1
ける
先行配布された最強カード。まず、6/4/7というスタッツが優秀、そして何をとち狂ったか、3回ずつコストを無料にできる上、ドルイドに0マナで撃てる呪文が追加されてしまった。
なんというか、0マナで行動できるカードが猛威を振るってしまったが為に、バランスを取ろうと思ったら0マナカードを配るしか無かったんだろうなと思う。ドラゴンボール並みにインフレしてきてしまっている。

<ナーフ案>『1回のみ無料で呪文を発動できる。』
まだ強いけど、並べたトークンをバフできないのであれば我慢できるか・・・。ハースストーンはあんまりこういった効果変更系のナーフを行わないが、こいつに関しては一番相性の良いドルイドがマナ加速ヒーローだからコスト増やしても仕方ないので、、


・エントリーナンバー2
さい
祈願と相性が良すぎる上にコストが軽すぎる。

<ナーフ案>1マナから3マナに。
全体除去を行うのはいいとしてその後に展開出来てしまうのが問題だと思うので、いつも通りのコスト上げるナーフで問題ない。


どうでしょう!
肝心なデーモンハンターのナーフ予想書いてませんが、それはまた次の機会に!
関連記事

DKヒーロー総括

今更だが、環境もそろそろ変わることだし大きくHSを動かしたDKというシステムについて振り返って評価してみようと思う。

いろんな意見があると思うが、自分はこのDKというシステムはやっちまったなぁと思っている。

というもの、DKさえ出したらリソース無限で戦えちゃう事が多すぎる。
中でも、一番のやっちまったカードはこちら。おそらく満場一致だろう。

「死線の追跡者レクサー」
こいつはヤバすぎる。まず雄叫び効果。テンポよく6ターン目に出せれば、マナコスト的にまぁまぁ相手ミニオンを一掃できる上に、ヒーローパワーで毎ターン大型を繰り出せる。
このカードのせいでアグロデッキでもコントロールに対して容易に立ち回れるようになってしまった。

話が逸れてしまうが、そもそも「発見」というシステムも失敗だと思っている。
状況に応じた選択をできるのはいくらなんでも汎用性が高すぎる。

また、このカードを後押ししているのは猛毒や生命奪取という能力。本当に一刻も早く消えて欲しい。


次の失敗カードはこちら。
凍血の魔王妃ジェイナ
こいつもレクサーとほぼ同じ理由で、条件こそやや厳しいが毎ターン高スタッツ、凍結持ちのミニオンを展開でき、ヒーローの体力を回復できてしまう。
極端なアグロ環境を嫌ったのはわかるが、生命奪取によりどんなヒーローでも容易に回復できてしまうのは失敗だったであろう。

お次はこちら。
屍山血河のグルダン
まず、こいつは雄叫びが強力すぎる。プリーストの心霊絶叫でもなければなかなか返せない。
また、ヒーローパワーがエグい。たった2マナで対象を選択できて3点ダメージ+3点回復はやりすぎている。
除去と回復は両立されてはならない。


本日はここまで。
次回はローグ、プリースト、シャーマンの予定。

ローグについては、贔屓目もあるが一番おとなしいDKカード認定をしてしまってもいいと思う。まず、相手のボードに干渉する能力がない事、手札次第の能力である事、6マナ以上のカードは全く恩恵を受けられないことなどがその理由である。
関連記事